燕岳〜大天井ヒュッテ

0
    翌日、起床5時過ぎ。
    雲海上の楽園に降り注ぐ、朝の澄んだ空気☆
    そして朝日♡
    早朝の澄み切った雰囲気の厳かで神聖な雰囲気は極上です。
    さらに私自身の感度も高まっている。
    なぜなら、とにかく自然の中では受信モードになるから。
    大天井荘まで

    燕山荘を出発し大天井岳に向かう道中にキレッキレの槍ヶ岳を発見♡
    シャープなお姿です。
    未だ訪れたことのない山。
    楽しみはとっておこう♬
    大天井荘まで

    目に飛び込む景色がいちいち美しい。
    まるで絵画を見ているかのよう。
    自然は偉大なクリエイターだ☆
    写真ではこの感動を伝えきれないかもしれません。
    大天井荘まで

    少しづつ次のヒュッテが顔を現す。
    大天井荘まで

    この石場を登り終えたら到着です。
    クサリ、ハシゴで下る箇所や岩場もありましたが、全般的になだらかな稜線を歩く地形。
    朝から約3時間の道のり。
    汗もたくさん流れ中。
    大天井荘まで

    はーい!
    本日のテン場に到着。
    私はテント設営の最中に雄大な山々を眺めながら珈琲を飲んでおります。
    しかも、仁王立ちで(笑)
    大天井荘まで

    ここ大天井ヒュッテから往復30分くらいで山頂に到着。
    常念山脈最高峰大天井岳2921m さんきゅ〜♡
    名前の由来は、々發い箸海蹐砲録世気泙いるという意味で御天所(おてんしょ)、高いという意味で大天井(おおてんじょう)。この2つの意味を持っているそうです。
    読み方は「オテンショウダケ」でも「オオテンジョウダケ」でもどちらでもOK。

    山頂はくもひとつない快晴◎
    「ミラクルや」と登山客みんなが感動の声をもらしていました。
    もうね、おじいちゃんたちもにっこにこ。
    「写真撮りましょうかー」と声をかけると、恥ずかしそうにもじもじしながらもおじいちゃんたちからぴーすサインがでましたよ。
    めちゃんこかわいい(*´`)

    そしてまた山頂でも槍ヶ岳を眺める。
    大天井荘まで

    何か遊べそうな石を見つけては。
    大天井

    ストレッチする。
    大天井

    お昼前に大天井岳からヒュッテに戻り、のーんびりくつろぐ。
    雲海の上の城です。
    登山客が少ない時間帯で周りの動きが少ない分、まだ神聖な雰囲気が漂っています。
    カラダが充実し蓄電してゆく。
    大天井荘まで

    大天井荘まで

    槍ヶ岳と常念岳の分岐、北アルプス有数のビューポイントに建つ大天荘。
    長野県安曇野にあるショロムヒュッテやシャンティクティのオーナー臼井さんが昔働いておられた山小屋です。
    大好きな臼井さんの山小屋に行ってみたかった♡
    宿泊はしませんが、中をちょろっと拝見。
    余計なものなど置きません、スッキリと整ったお部屋、いちいちお洒落な小物、トイレもコンポストに近い設計、衛生面でも掃除が行き届いていて清潔感のある山小屋。
    しかも静かでゆったりとしています。
    手作りケーキの販売もあり愛情もたっぷり。
    山小屋の位置もベストビューだし、山小屋のスタッフさんも親切だし、テン場も広いし、もちろん水はなくて色んな面で不便だけど清潔感があるし、ここは快適だ!!
    最高だ!
    因みに燕山荘のスタッフさんは愛想がなくて苦手(笑)
    あのスタッフ絶対に忘れへんぞ(笑)
    大天井荘まで

    冷やし中華やインドカレーセットなどレアなメニューもあり。
    大勢で行くと色々と作れてわいわい食べれそうですが、2人でテン泊となるとどうしても簡易食になり手作りのご飯が恋しくなります。
    しかし我々は今日も簡易食(笑)
    大天井荘まで

    午後から夜まで大天井ヒュッテ。
    やたら時間がありすぎる。
    これはおかしい。
    なぜ、今日のうちに次の常念小屋まで行かないのか。
    ここから約2時間なのに。
    移動して、翌日の朝に常念岳に登るのがベストやないのか。
    なんでや、なんでや。
    鬼軍曹ひろじぃとひと悶着ありました。
    でも今回はこれでいいのやと諭されました。
    私の体調を気遣ってくれているようだけど、めちゃんこ調子良いのに。
    大天井荘まで

    夜空を見上げると無数の星々が手に取れるかのような位置に見えます。
    宇宙が間近に見えます。
    無数の星が集まる銀河系。
    ヨガの姉妹と言われる伝承医学アーユルヴェーダの生理解剖学は宇宙の成り立ちの話から始まります。
    宇宙には男性エネルギー(プルシャ)ただ見ているだけものと女性エネルギー(プラクリティ)何かを創造してゆく、受け入れるものの2つが存在し、両者が満ちた時、ビックバンが起こり宇宙意識(マハット)が生まれました。
    そこから自我意識(アハンカーラ)が生まれ、創造(ヴィシュヌ)と安定(ブラフマ)と破壊(シヴァ)が生まれました。
    この宇宙は創造・安定・破壊のサイクルで動いているらしい。
    そしてヨガはこの宇宙意識(マハット)にアクセスしているとも言えるらしい。
    随分ぶっ飛んだ話でしょうかね。
    ちらっとご紹介でした。
    大天井荘まで

    ご機嫌斜めな私は、口数少なく就寝。
    大天井荘まで


    つづく



    *******************************************

    Yoga教室の詳細はこちら →

    9月のレッスンスケジュールはこちら →
    10月のレッスンスケジュールはこちら →

    西の湖ヨガ教室 :毎月第2(水) 10:00〜11:30 詳細はこちら → 

    お知らせ(振替・休講連絡など)はこちら →

    Cafeネンリン*ヨガ教室 はこちら →
    10/26(月)クラス受付中です。

    9/26(土)キャンドルナイトヨガ@愛郷の森はこちら
    NAOHAcandle×Ruwam×salaha
    終了いたしました。ありがとうございました。

    *******************************************

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.06.04 Thursday
      • -
      • 17:22
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM