甲斐駒ヶ岳@南アルプス

0
    ようやく安定して登山に行けるようになってきまして
    ウキウキでございます^^
    今回は『甲斐駒ヶ岳』
    日本にある二十数個の駒ヶ岳の中で最高峰の山。
    ピラミッド型の三角錐の名山。
    古くから信仰登山の対象として栄えてきた山。
    ・・・・そんな情報は一切知らず、
    名前を聞いただけで直観で行きたいと思った山です(笑)

    KAIKOMA
    甲斐駒
    なんか響きがわくわくする
    行こう!
    で、決定しました(笑)

    深夜3時に出発し、早朝7時に仙流荘駐車場に到着。
    そこからバスに揺られること約50分。
    車窓から眺める南アルプスの山々の美しいこと。
    その中でも甲斐駒の岩峰には見入ってしまいました。
    森林限界が高く、山頂付近で輝く花崗岩の甲斐駒は目立つ存在。
    「これが甲斐駒か。甲斐駒の山の神さんに会いにいくよ♬」

    北沢峠に到着。
    原生林が茂る遊歩道を15分程歩き、長衛小屋テン場に
    着いてテントの設営。
    このテン場をベースにし、甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳をピストンです。

    am 9:20
    登山開始
    甲斐駒は午前中の早い時間帯に雲が湧き、素晴らしい景色を
    望めるそうな。
    スタート時間遅いかもー。

    初っ端からこんな岩場なんですよ。
    楽しいです♬
    私はアーユルヴェーダで云うところのピッタ(熱エネルギー)
    が多いのだろう。
    余剰エネルギーを燃やしてすっきり鎮まるタイプ。
    どんどん登りまっせ。
    甲斐駒ヶ岳

    仙水小屋を抜けて、仙水峠に到着。
    標高2,264m
    甲斐駒ヶ岳

    仙水峠からが急坂の岩場にさしかかります。
    標高差476mもあるので、かなりきつくて息が上がる。
    苦しいよー、四苦八苦の連続です。
    足が酸欠になりそうでした。
    そして、駒津峰(6合目)に到着です。
    甲斐駒ヶ岳

    駒津峰は屈指の展望台で、とても美しい景色が望めました。
    この先、山頂までさらに険しいコースが続くからと休憩を
    ほどほどにされました(泣)
    甲斐駒ヶ岳

    ほんまに、険しいがな。
    これは巨石の六方石というものだと思う。
    甲斐駒ヶ岳

    険しいコースでも気持ちは元気♡
    この険しさがずーっと続くわけじゃないことを知っているから。
    甲斐駒ヶ岳

    ちょいちょいちょい。
    アスレチックのようです。
    自然の力で変容した石や岩の、その形に驚きます。
    甲斐駒ヶ岳

    よーく見て下さい。
    歯が並んでいるように見えませんか。
    私には入れ歯に見えます。
    甲斐駒ヶ岳

    山頂と「摩利支天」という岩峰を結ぶ砂礫ゾーンにさしかかります。
    白ザレの斜面。
    滑りやすくてしかも急勾配でまたもや息が上がります。
    下山客から「もうひと頑張りですよ」と優しい声掛け。
    この苦労をみんな知っているから、自然と声援を送ってくれます。
    胸に響くよー。
    サンキュー♡
    甲斐駒ヶ岳

    山頂まであと5分!
    甲斐駒ヶ岳

    pm 12:40 登頂
    甲斐駒ヶ岳@南アルプス
    標高2,967m
    甲斐駒ヶ岳

    石造りの駒ヶ岳神社
    ようやく甲斐駒の神さんに逢えました♡
    ここまでお導き下さりありがとうございます。
    無事に下山も出来るよう引き続きよろしくお願いします。
    甲斐駒ヶ岳

    日本第2の標高「北岳」をはじめ、八ヶ岳、中央アルプスなどが
    360度大パノラマです。
    奥に写っているのが「富士山」です。
    素晴らしい景色に出会えました♡
    甲斐駒ヶ岳

    こちらは南アルプスの女王「仙丈ヶ岳」です。
    甲斐駒ヶ岳

    雲が厚くなってきたぞ。
    山頂で水分補給とオニギリを食べ、ささ下山へ。
    こんな場所よく登ってきたなぁと我ながら感心します。
    雲の上。
    甲斐駒ヶ岳

    この岩も個性的な形です。
    甲斐駒の岩はみな個性的♡
    甲斐駒ヶ岳

    下りなのに登りもたくさんあります。
    アップダウンの連続。
    甲斐駒ヶ岳

    おかげで、ひろじぃさんの登山靴はソールが剥がれちゃいました。
    甲斐駒ヶ岳

    下山コースは駒津峰〜双児山〜北沢峠です。
    緑の絨毯の中を気持ちよく歩く♬
    途中出逢ったおじさんと楽しくお話しながらの下山♬
    大都会渋谷にお住まいの自称プチ冒険家のおじさん。
    山・海・川・海外の遊び場をよーくご存知。
    中でも小笠原諸島を一押しで、「一生に一回は訪れるといいよ!」
    仕切りにすすめられました。
    行きたいとこリストに入れておきましょう。
    甲斐駒ヶ岳

    膝に故障、古傷が痛むわたしにとって下山は苦手。
    のらりくらりのんびり歩くのです。
    双児山に到着、標高2,649m
    甲斐駒ヶ岳

    甲斐駒ヶ岳

    pm 3:45 北沢峠テン場に到着
    甲斐駒の花崗岩が美しく光輝いておりました。
    甲斐駒ヶ岳

    テン場にはたくさんの宿泊客。
    甲斐駒ヶ岳

    結構りら〜っくすした絵面ですが、とにかく寒いです。
    地面からの冷えが半端ないです。
    メリノウールのインナーの上にフリース、その上にダウン、
    冷え取り用のシルクのパッチとソックスを履いてシュラフに入ります
    が寒いのです。
    自然の中で人間の無力さを知るわたし。
    太陽は偉大だ。
    太陽がなければ、月も輝かない、星も輝かない、人間も輝かない。
    ス〜リヤナマスカ〜ラ♡
    甲斐駒ヶ岳

    空はこんなに青くとも、寒いです。
    この言葉しか出ない。
    甲斐駒ヶ岳

    情熱を持ち続けながら歩き、常に冷静に自分を観ていく
    私にとって登山は、一瞬一瞬が味わい深い
    『冷静と情熱のあいだ』
    なのだと感じています。
    こりゃヨガと同じだ。

    甲斐駒ヶ岳、無事に下山できたことに感謝。
    山の神さまありがとう♡
    周りのみなさまありがとう♡



    *****************************************

    9月のレッスンスケジュールはこちら →

    10月のレッスンスケジュールはこちら →★

    ヨガ処さらは →(PC) →(携帯)

    お知らせ(振替・休講連絡など)はこちら → 
    7/1〜建部コミュニティーセンタークラス時間変更 
    19:15〜20:30です。


    Yoga教室の詳細はこちら →

    毎月第2(水) 10:00〜11:30 西の湖ヨガ教室はこちら → 


    9/7(日) 10:00〜 彩りを楽しむ会〜草木染めとヨガとメディテーションWS〜
    はこちら

    終了いたしました。ありがとうございました。

    *******************************************



     

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.06.04 Thursday
      • -
      • 11:51
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM