irodori YOGA

東近江市・近江八幡市エリアのヨガスペース

<< 神経の興奮に*パッションフラワーティー | main | 年末イベント*定員間近かです >>
 綿本彰せんせい全国ツアー2018@大阪

2015年以来でしょうか、綿本彰せんせいの2年に一度の全国ツアーに運よく参加できました。

前回はツアーのアシスタントをさせていただきましたが、今回は念願の受講生。

 

綿本彰せんせいは書籍をたくさん出版されるほど文才があり、難解なヨガ哲学をとても分かりやすく解説してくださいます。

彰せんせいのお話から、そして雰囲気から、若くしてたくさんの苦労と経験を重ねてこられたんだなぁと毎回感じます。

 

嗚呼、これはなつかしい写真です。

合宿後半の一枚で、左が綿本彰せんせい、右がまさお先生です。

まさお先生は今ではマインドフルネスの第一人者として、講演会や指導で全国を飛び回られているようです。

 

彰先生

 

こちらは合宿参加前の全国ツアーにて。

綿本彰

 

今回のツアーの主題は、『自己肯定の仕方』

深い内容だわ

とても

 

3時間の講義と2時間の実践

合宿で一度聞いているはずの内容ですが、今回の受講でまた改めて理解できたことが増えて、じわじわと腑に落ちています。

この理解をカラダに落とし込んで、心身ともに響き合って初めてモノにできるのだろうな。

 

やっぱり、アーサナ練習もとても大事。

 

今ここに意識を向けるアーサナ練習で培った力(=寄り添う力)が日常に浸透するよう、日々のアーサナ練習を実践していくことの大切さを理解しました。

 

日常生活でバランスを崩した浅い呼吸を、意識した呼吸で少しずつ助けてあげて、神経の興奮を鎮めて、ゆっくりとした流れに慣れることです。次のこと、次することばかり考えているスピード感満載の流れを断ち切り、自分の呼吸と体に向き合います。

早い流れの中では見落としている事たくさんです。

本質を見逃してばかりなのです。

 

一つひとつのアーサナで、「真剣」になるまでポーズを深めてみる

どこまで「真剣」になれるかがカギ

 

エッジまで!自分を心身ともにいざなうアーサナ練習が潜在意識の中に浸透すると、物事に向き合う力が育まれ、人に寄り添う力に繋がり、自然に寄り添うことに繋がることが腑に落ちました。

 

「真剣」に取り組むと、自分にできることと、できないことがわかってくる

日常においても自分の役割がわかるので、できることをがんばろうとする

自分と周りの人を比べることが減ってゆく

 

まだまだ旅の途中ですが、自分の中でかみ砕いて、身にして、レッスンに活かせるようがんばりますね(^^♪

 

仲良しの合宿仲間のあいだで、彰せんせいのことを「お父さん」と呼んでいるのですが、彰お父さん健在!でたくさんのパワーをもらえました。

とても充実した時間で参加できたことに感謝です♡

 

 

 

 

 

******************************************

irodori YOGA HP →

 

Yoga教室の詳細はこちら →

 

Yoga初めての方へ →

 

11月のレッスンスケジュールはこちら →

12月のレッスンスケジュールはこちら →★

 

エアシルクヨガ@BASE FOR RESTはこちら →

エアシルクヨガの効果と注意点はこちら →

 

お知らせ(振替・休講連絡など)はこちら →

 

irodori funty 〜心地良さのヨロコビ巡るストレスフリーグッズ〜 →

 

12/29(土)年末恒例☆こころとからだの大掃除〜デトックスヨガとクリスタルボウル音浴の会〜のこちら →

受付中。残席あと5名さま程です。

 

*******************************************

 

| YOGA研修記 | 19:36 | comments(0) | - | pookmark |
 スポンサーサイト
| - | 19:36 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Recommend
Entries
Categories
Archives
Comment
Mobile
qrcode
Links
Profile
Sponsoreds