CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ヨガをすると痩せますか?
0

    季節の変わり目が長すぎる!

    移行期間が長くて春秋が非常に短い気がします。

    温度も気圧も不安定で、私たちのカラダも不安定ですね。

    体調には用心下さいませ。

     

    さて。

    題名にありますようにそんな質問をいただくことがあります。

    ヨガが暮らしの中にあり、習慣化されているとしたら、結果的に体つきは変化すると思います。

    ここでいうヨガとは、ポーズの練習だけではなくて、「心も持ちよう」つまりメンタル的なことも探求しながら時間をかけて『巡る』カラダを作っていくものであります。

     

    筋肉に揺さぶりをかけて老廃物を流したり、血行を促進させたり、ひ弱な筋肉に刺激を与えることで代謝を促進させたり、様々な刺激の結果、ダイエットにつながることにもなりますが、ダイエットがヨガの直接的な目的ではないです。

    実はメンタルの調整なんですね。

    やせたいのに、食欲を上手くコントロールできない方も多いと思います。

    わかりますよー

    とってもわかる^^

     

    現代は常に何かが満たされないという「心の不満」が続いている方が非常に多くて、「こうしたいけどできない」という思い通りにいかない感情が蓄積されていきますね。

    ロボットみたいに時間に縛られた、お金に縛られた社会みたく感じます。

    お腹が空いた時に食べることができないし、寝たいのに残業を頑張る、そんな我慢を強いらてカラダの声を押し殺すかのような習慣が普通になってしまっています。

    そんな思い通りにいかないストレスエネルギーが蓄積されると、心も苦しくなって、周囲とも調和しにくくなりますよね。

     

    ヨガではこのような未消化の欲求が、呼吸や体の状態に表れて蓄積していくと考えます。

    ポーズによって、またポーズ中の呼吸によって、日常生活でブロックされた呼吸をゆっくりと解放していきます。

    その呼吸を解放するには姿勢が重要。

    骨盤底を安定し、丹田に気を戻し、バンダをしっかりと行います。

    安定した体で呼吸を深めると、体内で熱量がどんどん作られて、地球の核のような、マグマのような、あっつ〜いものの中で様々な感情が燃えつくされるー。

    燃えると気化して軽くなり、上昇しますよね。

    自分で燃やしたその温かい気が上昇して、固くなった胸を溶かしていきます。

    そして肩の荷が降りてスゥゥ〜〜。

    胸が広がると肺の圧迫が解かれて、呼吸がしやすい環境に復活します。

     

    一連のポーズが終わり、やっとこさシャバアーサナでダラダラにくつろげる、あの心地よさ。

    バンダも忘れて、丹田も忘れて、何してたっけな状態。

    ヨガってなんやったけな、ぐらいまで意識を解放。

    肉体がじーんとしてきて、血液が戻ってきているあの感覚。

    やることやったから訪れるあの感じ。

    DO!からBEへ。

    能動的に探究することから、受動的に感じるほうへ。

    シャバアーサナは、ただ、ここにいるだけ。

    これがまた深い意味。。。

    ダライラマの言葉を思い出します。「あなたはただそこにいるだけでいい」

    自己調整された純粋な状態でいることで、何もせずとも周りに光を与える存在なのだと。

    わーーー、ふかすぎる。

    勝手に私がそうとらえているだけです、はい。

     

    そんなこんなで呼吸が解放されていくなぁと感じています。

    呼吸が解放されていくとどうなるかですが、心が満たされている時に行われている穏やかな深い呼吸に近づいていきます。

    実際にご飯を食べたわけではないけど、美味しいものを食べた後のような、精神的に満たされた状態へ自分自身を持っていけると感じています。

     

    ヨガのクラスを受ける前あんなにお腹が空いていたのに、終わってみたらそんなでもなかった。

    こんな経験ありません??

     

    最初のうちはヨガ後だけに感じられる一時的な感覚かもしれませんが、繰り返し続けていくことで、穏やかな心の状態を保ちやすくなり、またバランスを崩しかけても、その不調和にいち早く気づいて「どうしたらいいか」を考えるようになるのではないでしょうかね。

    ポーズ練習をしながら、メンタル的なことも探求しながらヨガが深まっていくと、心身が変容してゆくなと感じます。

     

    伝統的なヨガの書物にも書かれていますが、大いなる真剣さと努力は必要。

    自然に任せて〜といったゆるいイメージがヨガにあるとは思いますが、実はやることはやる!そんな強い意志のもとに確立されたものです。

     

    これまで綴った内容は、ヨガをする時間がある方にとっては有効かと思います。

    でも、ヨガができない環境にある方も多いと思います。

    気力がもたない方も中にはいらっしゃるはずです。

    今は星の数ほどヨガの流派があります。

    ヒーリング療法、セラピー、カウンセリングなどを中心に心から紐解いてくださるプロがたくさんいらっしゃいます。

    その方々を頼ってみられるのも一つの方法です。

    ひとりで抱え込まないで下さい。

     

    私もまだまだ旅の途中。

    私にできることでお役に立てれば幸いです。

    一緒に前進してゆけたらとてもうれしいです♡

     

    食欲の秋到来!

    運動の秋でもありますから、無理のない範囲でコントロールできますように☆

     

     

     

     

    *******************************************

    Yoga教室の詳細はこちら →

     

    10月のレッスンスケジュールはこちら →

    11月のレッスンスケジュールはこちら →

    西の湖ヨガ教室 :毎月第2(水) 10:00〜11:30 詳細はこちら → 

    お知らせ(振替・休講連絡など)はこちら →

    Cafeネンリン*ヨガ教室 はこちら →

    yoga room salaha HP →

     

    irodori 〜心地良さのヨロコビ巡るふんどしパンツ〜  →

    10/29 彩りを楽しむ会vol.4@Ruwamの詳細をアップしています)

    定員になりました。どうもありがとうございます。


    *******************************************

    | YOGAのいろは | 16:57 | comments(0) | - | pookmark |
    バッタのような躍動感を♪
    0

      季節の変わり目。

      頭痛、めまい、発疹、咳などででお休みされる方が増えてきました。

      蒸し暑かったり、肌寒かったり...三寒四温。

      気温の変化に対応しようとカラダの神経系機能は大慌てです。

      みなさま体調はいかがでしょう。

       

      秋になるまでの移行期間は何となくダラダラとしやすい気がするので、

      朝や昼間のクラスではシャラバアーサナ(バッタのポーズ)を最近しています。

       

      交感神経を刺激するしてバイタリティーを高める後屈のポーズのひとつでもあり、腹筋(バンダ)を行うことで地に根付き安定すると副交感神経も働くという2極の調和を実感できるポーズ。

      心の穏やかさと頭の鋭さを同時にもたらしてくれるポーズだと感じています。

      一見優雅な感じに見えるかもしれませんが、行ってみると結構なエネルギーを使うのがわかります。

      冷静になりながらも、エネルギーみなぎった状態で長くホールドできるとカラダがぐっと反応しますよね。

       

      ゆっくりポーズを解いてお休みのマカラアーサナでくつろぐと、背面に新しい血液が流れ込み、お腹もじわぁぁっと血液で満たされるのが分かります。脚や肩、胸もじーんと。

      全身が活性化するのが実感できるのが私の感想です。

       

      みなさまの反応はいかがでしょうか。

       

      はい、バッタのポーズ。

      フリー画像があったので載せてみます。

      臀部を天井方向に上げす、尾骨は床を押す方向

      手の平は天井向きの方が肩が楽です

      バッタ

      禁忌

      腰を反らせずぎないように注意です。

      腹圧をかけてバンダしましょう。

      ヘルニアや慢性的な腰痛をお持ちの方は特に注意して行います。

      重度の腰痛、月経中、妊娠中、高血圧、脊椎にトラブルのある方は避けましょう。

       

      期待できる効果

      背骨に宿るエネルギーを呼び起こしバイタリティーが高まる

      内臓への血行促進で機能が活性化

      胸腺への刺激(胸腺は免疫細胞が日々作られている場所)

      骨盤周辺を刺激

      腰部の強化

       

      ポーズに入る前のカラダのアライメント(ポジション)に注意深くなり、ポーズ中は後屈バランスに必要な意識の集中をし、ポーズを解いた後の実感を大切にします。そうやってポジションを正しく行い、注意深く微調整することで、効率よく内側に刺激が伝わり反応が出ます。

       

      どれだけ美しくポーズが取れたかが問題ではなくて、そのポーズからどんな『実感』を得たかが大切。

       

      実感は人それぞれ◎

      実感することで脳にフィードバックされて肉体とつながっていくんだと私は感じています。

      60分ないしは90分のポーズ練習を行う中で、バラバラだったカラダが統合されていくーーーーーーー。

       

      その統合まで至るには流れも大切で、いきなりバッタのポーズをしても体がびっくりするので避けます。

      肩の柔軟性と上背部の強さが必要なので、腰部の穏やかなアーチを練習したり、腹と脚の強さを練習したり、立位で後屈を練習したりして、徐々に体をつないでゆきますよ。

       

      そんな流れをクラスで体験してくださーい。

      バッタのような躍動感を♪ぴょん♪

       

       

       

      *******************************************

      Yoga教室の詳細はこちら →

       

      9月のレッスンスケジュールはこちら →

      10月のレッスンスケジュールはこちら →

      西の湖ヨガ教室 :毎月第2(水) 10:00〜11:30 詳細はこちら → 

      お知らせ(振替・休講連絡など)はこちら →

      Cafeネンリン*ヨガ教室 はこちら →

      yoga room salaha HP →

       

      irodori 〜心地良さのヨロコビ巡るふんどしパンツ〜  →

      10/29 彩りを楽しむ会vol.4@Ruwamの詳細をアップしています)


      *******************************************

      | YOGAのいろは | 22:06 | comments(0) | - | pookmark |
      大地を踏む*パーダバンダ
      0

        9月に入りましたね。

        朝晩が涼しくなり、夕暮れも早くなり、真夏が過ぎた気がしますね。

        季節の変わり目で疲れを感じやすい時期になりましたが、みなさま体調はいかがですか。

        私は今のところ普通です。

        このまま普通を保てるよう、体調に注意深くなりながら日々過ごしていきたいです。

         

        さて、前回に(といってもかなり前の記事)「中心から動く」と題して綴りました。

        えーっと、さくっと今年の2月に戻ります。→

        内容が難しかったかなぁ。

        ぴぴっときた箇所だけキャッチしてもらうだけで十分です。

        今の自分にとって必要なことしか入ってきませんのでね(^_-)-☆

         

        随分日が経ちましたが、半年ですね!!あちゃ。

        今回はコア(ムーラバンダ・ウディヤナバンダ・ジャーランダラバンダ)の安定をサポートする「パーダバンダ」という手法を私なりに綴りたいと思います。

         

        バンダが上手く働くようになると、ポーズや呼吸が安定してきて、小さな力でポーズを長くキープできるようになります。

        わかりやすく言うと「省エネ」で過ごせる状態。

        また、正しくポーズを取れば、いい反応や刺激を内側に伝えることができるようにもなります。

        バンダは気の流れを束ねて、カラダをバランスのとれた1つにまとめる働き。

        私も研究生なのですが、先生にそう習いました。

         

        コア(ムーラバンダ・ウディヤナバンダ・ジャーランダラバンダ)の安定をサポートする補助バンダ

        「パーダバンダ」

         

        足の指の付け根と踵を踏みしめると、足裏の縦アーチが伸びて土踏まずが引き上がります。

        そして脚の筋肉が穏やかに収縮して身体が安定します。

        やってみてくださいね。

        どうです?

         

        さらに、足の指を反らす&開くと、、、

        どうです?

        土踏まずがさらに引き上がって安定感が増しませんか。

        バシっと立っている感じがしませんか。

         

        毎度毎度クラスではお伝えしていますが、改めて文章にしてみました。

         

        これが「立つ」ということです。

        脚を使って大地を踏むということです。

         

        パーダバンダは何も立位だけの手法ではなくて、座位も臥位も全部です。

        例えば座位の前屈の場合でいうと、

        上体を曲げることに意識が行き過ぎて、気持ちもカラダもガチガチ。

        脚はというと、完全に脱力していて、根が根こそぎ抜かれた状態。

        これは残念です。。。

        脚を使いましょう。

        空を蹴る際には、足の指の付け根での蹴りを少しだけ強く意識します。

        (踵を押し出して90度の角度ではありません)

        座っていても、足裏の大地を踏んでいる感覚にセットします。

        脚の筋肉を穏やかに収縮させると、上半身の筋肉を使う必要がなくなり、結果としてポーズが深まります。

        呼吸がよく通るようになり、心身の興奮がおさまってきますよ。

         

        臥位でもしかり。

         

        とにもかくにも「土台」が大事。

        「根」「根っこ」「自分の足元」

        大地を踏む下向きの力があるから、その力に作用して、上向きの力、つまり伸びる力が自然と出てきます。

        跳び箱のロイター板のイメージってクラスでお伝えしているのはこのことです。

         

        舞踏家や武道家

        3つのバンダもパーダバンダも駆使しているからこそ、安定して動けるのだと私は感じています。

        (そちらの世界ではバンダと言わないと思いますが)

        どちらの世界でも「丹田」「土台」はとても大切にされています。

         

        補助バンダをもれなく使いながらポーズの練習をされることをお勧めします。

         

        ヨガに限らずですけど、ただ文章を読んで受け取るよりも、実際にクラスで実践されることをお勧めします。

        人から人へと伝えられ受け取られていくものですので。

        私も直接お伝えしたいと思っていますので^^

         

        でーは、クラスでお待ちしていまぁーす♡

         

        IMG_1235.JPG

         

         

         

         

         

         

        *******************************************

        Yoga教室の詳細はこちら →

         

        9月のレッスンスケジュールはこちら →

        西の湖ヨガ教室 :毎月第2(水) 10:00〜11:30 詳細はこちら → 

        お知らせ(振替・休講連絡など)はこちら →

        Cafeネンリン*ヨガ教室 はこちら →

        yoga room salaha HP →

         

        Venus labo. →☆

        *******************************************

        | YOGAのいろは | 19:46 | comments(0) | - | pookmark |
        中心から動く*
        0
          「中心から動きましょう」
          骨盤から動きがはじまり、中心を安定させながらしなやかな動きにつなげること。
          腹から呼吸が紡がれてゆく状態に戻ってゆくこと。
          いつもクラスでお伝え続けていることです。
          何回言うねんってくらい言ってますよね(笑)

          なぜそんなにも言うのかといいますと、骨盤を人間の精神面・肉体面のバランスの中心だと捉えてアーサナ(ポーズ)を練習していくことで自分のカラダが変化したからです。
          そんな実体験からおすすめをしています^^

          ちょいとヨガの哲学も交えてお話しましょう。
          ヨガの目指すゴールは「心を完全に開くこと」
          内から出て行くことを許し、外から入ってくることを許す
          (自分から出ていくことを許し、相手から入ってくることを許すこと)
          つまり、すべてを与え、大らかに受け包むこと
          お産の神様と言われている吉村医院の吉村先生も
          「包み、受け尽くすことが、与えることである」とおっしゃっています。
          内からも外からも、双方向に心を開くことがヨガのゴール○
          これがヨガの「つながる」という意味ですね。
          双方向に開くから一体感が生まれ、つながるのです∞

          頭ではわかってるーヽ(`Д´)ノ
          ですよね。
          でも、心を心で制するのは難しくて、あれこれ考えていても実感がなければ理解できませんものね。
          知らないのと同じ。
          頭で理解して肉体で実感してはじめて自分のものになっていきます。
          何でも「理論と実感」で理解するといいですね。

          しかし。
          つながりを阻むものがあるから、なかなか心を完全に開くことができません。
          それは一体何なんやー??
          相手とのつながりを防御しているは自分自身の判断基準やこだわり。
          今までの生き方の中で経験したルールやしがらみからくる感情の蓄積。
          取り巻く環境に揉まれて揉まれて、形成された心と体ですものー
          うん十年生きてりゃ、そりゃ色々と溜まるわいーヽ(`Д´)ノ

          心を完全に開くには、その蓄積を解いて無防備になる必要があるとヨガは説きます。
          自分を守ろうとするこだわりがある限り、身体に力が入ります。
          何もしなかったらその蓄積は解消されず。
          その蓄積をヨガでは「カルマ」と呼び、「カルマ」を解消するには大いなる真剣さを持った努力が必要。
          努力のことをヨガでは「アビヤーサ」と呼びます。
          本気にならないと解くことはできないんですね。

          そこで!ようやく出ました本題です。
          中心を作ることで余分な力を解放し、こだわりが解かれる方向に導くのが「バンダ」と言われるヨガの手法。
          肉体を使って心を開くよう導く「バンダ」の必要性をクラスでお伝えしているわけなのです。

          「バンダ」は3つあります。
          ○ムーラ・バンダ
          ・・・骨盤底の引き上げ→股関節の安定
          ○ウディヤナ・バンダ
          ・・・腹の引き締め→腰の軽さ
          ○ジャーランダラ・バンダ
          ・・・首の解放
          細かく言えば、あと「補助バンダ」が2つありますが、またの機会に書きますね。

          首は最大の急所で、ここにこだわりが溜まります。
          リラックスさせるには、ムーラとウディヤナを十分に働かせることが必要。
          これらを安定させると軸が形成され、余分な力を使わずアーサナがとれます。
          例えて言うと、社内でものすごく仕事ができる人が居たら、周りの人は仕事をせずに遊んでいられる状態(´∀`)
          肉体も必要な部分だけを働かすことができれば、他の筋肉はリラックスしていられます。
          しなやかな心身を作る秘訣〜♡
          その第一歩として、骨盤に意識を向けて中心から動くことがとてもとても大切です。

          バンダを意識して動くと、余分な力が緩んで体に「遊び」が生まれます。
          関節に「遊び」が生まれます。
          ピーンとした伸びではなくて、しなやかな伸び。
          体に「遊び」ができると、心にも「遊び」が生まれます。
          あくまでも私の実感で言うてますが。

          私が目指す動きは「水」=「リキッド(液体)」=「しなやかさ」
          抽象的な表現で「は??どーゆー意味?」って感じですかね(笑)
          人間の体のほとんどは水なのですが、現代人は力み過ぎていてその水が滞り固まっている状況だと思うんですね。
          流れこそ健康なのに。
          力んでいると一点集中と言いましょうか、目の前のことしか目に入らず、チャンスや危機に気づきにくいともいわれます。
          だから、中心軸を使ってしなやかな動きを練習しています♬
          肉体を道具のように扱いながら、心を間接的にコントロールしてゆくヨガの練習。
          まだまだ変化の途中なので偉そうなことは言えませんが、幼い頃から力みが強い私だからこそ、ヨガの練習が役にたっています^^

          アーサナが変われば、生き方が変わる
          彰先生がおっしゃっていたことをぼちぼちと実感している状況です^^

          ヨガの奥義はとっても深い。
          ムーラとウディヤナについてはガイドで結構言っていますので、キャッチしてもらえたらと思います。
          頭でっかちにならないように、たーくさん動いて実感を深めていきましょう♬
          私もまだまだ旅の途中。
          共に楽しみながら努力をしてゆきましょう。

          いつぞやのゲレンデで撮った一枚
          1127

          空に向かって一筋に伸びる木の幹のように
          気持ちも背骨も 何の迷いもなく真っ直ぐに上に向かって伸びていきます
          頭の中は 雲一つない大空のように澄み切り 静まり返り
          そしてただ見守っています

          自然界に習う
          自然を見るように
          自分の内なる営みを観る


          Om Tat Sat



          *******************************************

          Yoga教室の詳細はこちら →

          2月のレッスンスケジュールはこちら →

          西の湖ヨガ教室 :毎月第2(水) 10:00〜11:30 詳細はこちら → 

          お知らせ(振替・休講連絡など)はこちら →

          Cafeネンリン*ヨガ教室 はこちら →
          2月は第5週目になります。

          味噌仕込みの会☆2016 はこちら →
          受付は締切ました。

          yoga room salaha HP →

          *******************************************
          | YOGAのいろは | 21:35 | comments(0) | - | pookmark |
          ボディセンス
          0

            急に思い出した言葉です。
            骨盤調整ヨガやベビーヨガを教わった高橋由紀先生が
            よく言われていた言葉『ボディセンス』
            当時は言葉の意味だけ理解していた程度で、
            私の頭の中をさらっと通りすぎていただけの言葉でしたが、
            数年経つと、その言葉の意味をカラダで理解できるように
            なるんですね。

            個人的に、毎回同じ順序で同じポーズで同じ流れで
            練習していくヨガのスタイルが好き♡
            もちろん様々なヨガのスタイルも自由で開放的で楽しいので
            好きですよ^^
            ただ、自分の練習にはシヴァナンダヨーガやアシュタンガヨーガ
            を自然とカラダが選びます。

            私の場合ですがね、
            毎回違う流れだとカラダの緊張感が抜けないなぁと感じるので
            すでにポーズの流れを知っているこれらのスタイルでは、
            その流れに身を任せられることで安心感が湧きます♫
            同じポーズを練習することで、毎回のカラダの変化を実感できます♫
            気持ちの持ちようで呼吸の仕方が変わるので、呼吸の通り具合で
            陰に傾いているなとか陽に傾いているなとか感じ取れます。
            あれれ?カラダが重いし、スムーズに動かないな。
            何食べたかな?考え事いっぱいあったからやな。
            頭が固くなってるやんかー。
            ってことは、子宮も固くなってるやんかー。
            こればまずいな、軌道修正や。とか色々わかります(笑)

            また、こことここが繋がっているのか。
            この角度だとここに効くんだな。
            風船のように柔らかくイメージして呼吸だな。など、
            流れに意識が持っていかれないのでじっくりポーズを味わえます。
            身体的な動と静、上下や左右の空間認識に基づいて
            バランス感覚を探るといった感じでしょうか。
            カラダの感度が高まるのです。

            「運動能力に限定されない、自分のカラダやココロの状態を理解する力・
            表現する力はボディセンスを磨くことで高まります」
            と高橋由紀先生が言われていたことを思い出しました。
            ホンマに急に思い出したので書き綴っておこうと(笑)

            うんうん。
            ボディセンスを磨こう♫
            そんな習慣を身に付けることの大切さも実感中♪

            人のカラダは、本来とてもニュートラルでナチュラル。
            歪みが起こったり、どこかに痛みや滞りが起こるのは、
            その人のカラダの使い方に原因があるといわれます。
            私は気持ちの持ちようや精神面での特徴や癖にも関係すると思います。
            どれだけ意識をして日常を送るかに修正法が隠されていますね。
            「習慣」って大事。
            習慣とは、それを繰り返すことで最終的にそれが身について規則的な
            行動となったものです。
            無意識に行っているカラダの使い方を見直して、日常の動作を
            ヨガ的に行うことが本質的なヨガの練習の成果へと繋がると思います。

            一生そばで健気に機能してくれている肉体を
            大切に磨いてゆきたいと思う今日この頃。
            心身一如
            心もまた一生そばに在るもの。
            自分の性質と向き合いながら良き方向に歩んでゆきたいな。

            老化は加齢だけのせいではなく、自分自身のせい
            そんな自立した気持ちが大事だと思います。
            カラダの使い方を磨いて
            ボディセンスを高めていくぞー♪

            こんぜやま





            *****************************************

            10月のレッスンスケジュールはこちら →★

            ヨガ処さらは →(PC) →(携帯)

            お知らせ(振替・休講連絡など)はこちら → 
            10/7〜中野コミュニティーセンター19:30〜20:45再開です。

            Yoga教室の詳細はこちら →

            毎月第2(水) 10:00〜11:30 西の湖ヨガ教室はこちら → 


            11/1(土) 10:00〜13:00 ヨガ+アロマテラピーVol.3 〜つやぷる美肌オイル作り〜
            定員になりました。キャンセル待ちで受付中です。

            *******************************************
             

            | YOGAのいろは | 14:58 | comments(0) | - | pookmark |
            ジャラ・ネイティ
            0

              ジャラ・ネイティをしました。
              何かって?

              インドのヨガ行者の修行で、浄化法のひとつ。
              鼻うがい(鼻洗浄)でーす!

              塩をぬるま湯に溶かして、ネイティポットに入れて、
              お顔を傾けて、自分の片鼻に軽くつっこみ・・・・ちょろちょろちょろ~ 
              って流しいれます。
              そしたら、もう一方の鼻の穴から・・・・だらだらだら~
              って流れ出てきますの。
              まず、右鼻から入れて左へ流し、次に左鼻から入れて右へ流します。
              無理にすすらなくても、自然に入っていきます。
              緊張せずに喉を柔らかくしておけば、痛くもかゆくもないのです。
              むしろ、すっきりします♪

              ただ、鼻洗浄をしている姿は人に見せられるものではありません。
              鼻から だぁーだぁー ですからね(笑)

              そして、洗浄を終えたらカパラバティ呼吸法で鼻の中の水を出し切ります。

              ☆カパラバティ呼吸法とは☆
              両鼻から深く息を吸って お腹を膨らませて 腹筋を強く収縮させて吐きます。
              無理をして力を入れすぎないように注意です。
              両鼻から『ふんっ ふんっ ふんっ』と吐く感じネ。

              鼻炎や花粉症の方にはおすすめですし、風邪の予防にも効果抜群です。
              朝にするといいらしいです。

              興味のある方は、マネっこしてみて!

              ネイティー




              *******************************************

              11月のレッスンスケジュールはこちら→

              12月のレッスンスケジュールはこちら→

              振替連絡はこちら→

              11月のイベント(HappyX4 Nature)はこちら→

              Yoga教室の詳細はこちら→

              アウトドアYogaはこちら→  12月からも多目的集会室にて月2回開催です

              ********************************************

              | YOGAのいろは | 19:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
              ナマステの精神
              0

                Yogaではナマステの精神を大切にします。

                サンスクリット語で「ナマス」=祈る 「テ」=あなたに
                「南無阿弥陀仏」の「南無」もこの「ナマス」からきたそうです。

                人と人が見つめあったとき、相手の瞳の中には自分の姿が必ず映ります。
                相手の瞳の中の神様に祈るような気持ちで
                人と人が敬意を払いながら向き合うこと。
                そして、相手の瞳の中に映った自分を見て、自分自身も見つめなおしましょう、
                そんな精神が込められています。

                相手は自分の鏡

                苦手な人が現れても、その人との出会いには何か意味があるのだと。
                「この人素敵だな」と思えるのは、自分にもその人と同じ種を持っているから
                共感できるのだと。

                私は まだまだ旅の途中。
                日々精進。

                ナマステの精神を大切にして 色んな人とつながって いきたいな。

                インドで出合った仲間
                (2007年 in India)
                笑顔がいっぱい☆  平和だね☆  peace!!



                *******************************************

                10月のレッスンスケジュールはこちら→


                10月のイベントはこちら→

                Yoga教室の詳細はこちら→

                アウトドアYogaはこちら→

                11月のケン先生ワークショップ@滋賀はこちら→ 



                | YOGAのいろは | 15:52 | - | trackbacks(0) | pookmark |
                現在地を確認せよ。
                0

                  初めて登る山の山頂をめざします。

                  手元に地図とコンパスはありますが、
                  地図を見る上で、コンパスともうひとつ必要なものがあります。

                  さて、何でしょう?

                  先週の火曜日クラスでは、こんな質問を投げかけて終わりました。
                  なんと、気持ちの悪い終わり方でしょう(笑)

                  本日、お答えしましたね♪

                  もうひとつ必要なのは、『現在地』です。
                  現在地を把握していないと、山頂までは到達できません。
                  迷子になったら、まず現在地を確認しますよね。
                  それから軌道修正しますよね。

                  これってYoga的。

                  『今、ここ』に意識を向けて自分自身の状況を見つめ、心身をより良い方向に
                  導く。
                  まずは、『今』をしっかりと掴むこと。

                  そうすると、過去の執着に苦しめられることも、未来への不安に押しつぶされることも
                  なくなるのではないでしょうかね。
                  今、どうすればいいのかがなんとなく分かってくるのではないでしょうかね。

                  はっきりと断言はできませんが、私はぼんやりとそう思います。

                  明日へ疲れを残さないように、頭の中のモヤモヤを残さないように、
                  現在地を把握するべく、自身をスッキリとさせて、楽しい明日へ繋ぐために
                  Yogaの練習をしています♪

                  ま、固く考えずに、ぼんやりとそんな事を感じる今日この頃です☆

                  | YOGAのいろは | 21:49 | - | trackbacks(0) | pookmark |
                  日常に生かすYogaを目指して。
                  0
                    私の目指すところ。

                    「日常に生かすyoga」

                    Yogaとは、心と体の調和とか、自分と周りとの調和とか、バランス感覚を磨く
                    ツールだと思います。

                    憧れのアーサナ(ポーズ)ができるようになるために、今自分に必要な筋力や
                    柔軟性の習得に向けて無理なく取り組んだり、呼吸法の習得に向けて
                    日々練習したりすることも大切です。

                    でも、それだけじゃなくて、その積み重ねを日常生活に取り入れていくことが
                    大切だなと思います。

                    いつも教室で言うこと。
                    2方向のエネルギーを感じながらアーサナを味わって下さいと。

                    空に伸びる真っ直ぐな背骨を感じて
                    それと同時に
                    大地にしっかりと根づく両足を感じて

                    相反するものが調度良い感じで留まる。
                    相反するエネルギーのバランスをとる練習です。

                    体を通して相反するものとのバランスを探ることが
                    すなわち、集中力や調和の心を養うことにつながると思うのです。

                    自分の中の「動」と「静」の調和が整うと、周りとの係わり合い方も変わり、
                    モノの見方も変ってゆく。

                    「悩みが無くなる」ということは、悩みの種が変化したのではなくて、
                    その悩みの種を見る自分の見方が変わったのですね。

                    Yogaに出会ってから、こだわっていたものを手放すことができたり、
                    頭の中がシンプルになってきた気がします♪

                    みなさまにもそんな身軽さを感じていただきたいので、
                    私自身、Yogaをもっともっと深めることに努めて、自分が感じたことや
                    体験したことを伝えていきたいなぁ・・・なんて思います。

                    一生かけて日々精進ですわ〜
                    ぼちぼち・・・ のんびり・・・ お山を登るようにね。

                    山
                    | YOGAのいろは | 19:15 | - | trackbacks(0) | pookmark |
                    | 1/1PAGES |